Language
ニキビを知る知るつくらない 大人のためのピュア肌ラボ
ニキビを知る知るつくらない 大人のためのピュア肌ラボ

プロが伝授!大人のニキビケア Vol.16 アーユルヴェーダ式美肌術~白湯を飲むことからはじめよう~

  • お肌に関するコラム

肌トラブルの原因は体内にたまった毒素

「アーユルヴェーダ」はインドで生まれて以来5000年の歴史をもつ世界最古の伝承医学です。サンスクリット語で生命(アーユス)の科学(ヴェーダ)を表し、病気になってから対処するのではなく、個人の自然治癒力を引き出して病気になりにくい健康なカラダと心を維持することを重視しています。アーユルヴェーダで病気や不調の原因と考えられているのが、カラダにたまった毒素(アーマ)。アーマをため込むとニキビや肌あれを起こしやすくなり、お肌にも悪影響をおよぼします。

白湯(さゆ)を使ってお金も手間もかけずに簡単デトックス

アーマを発生しないようにするのは難しいので、すみやかに体外に排出させ、できるだけためこまないようにするデトックスがアーユルヴェーダの基本。リンパマッサージなどさまざまな方法がありますが、まず「白湯※を飲むこと」からはじめてみましょう。体温より少し高い温度の水分を摂取すると、胃腸が温まり、血液やリンパの流れがよくなって新陳代謝が高まります。胃腸の機能が改善すれば、消化作用が促進され、トイレに行く回数も増え、むくみや便秘になりにくくなるという効果も期待できます。こうしてカラダの中をキレイにしていくことでお肌のターンオーバーを高め、美肌をつくることができるのです。

50~60℃の白湯をコップ1杯ずつ

白湯の温度は、50℃~60℃がベスト。すすって飲める程度の熱さを目安にしてください。一度沸騰させたお湯を使うのがコツ。沸騰したらやかんのふたをとって10分ほどそのままにしてから火を止め、冷まします。起床後と朝・昼・晩の食事中にコップ1杯ずつ、1日700ml~800mlを飲むといいでしょう。アーユルヴェーダというととても難しく感じますが、こんな手軽な方法もそのひとつ。ぜひはじめてみてください。
※白湯(さゆ)・・・沸騰させた湯を飲める程度にぬるく冷ましたお湯。

監修:バリニーズアロマセラピスト・エステティシャン 沈(シン)ユミ
株式会社in The BLOOM 代表取締役
品川区武蔵小山にてバリニーズリラクゼーション&エステサロン経営
オーナーセラピストとして現場に立ち、「癒し・美」を通じて、あらゆる女性に感動、喜び、活力を与えたいという真摯な姿勢に多くの女性から支持を得ている。また、前職フィットネス業界で培った知識を活かし、セラピスト養成スクール講師としても活動。「故障しないための施術の基本姿勢、動作」など、運動解剖学的な視点からの指導方法は定評がある。大手CMバリマッサージ撮影時の技術指導、ダイエット企画番組の協力サロンとしてテレビ出演、エステ業界紙掲載あり。
ホームページ:http://www.san-tidur.com/

この記事が気になった方には、
こちらのペアがおすすめです。

ペアA錠[内服薬]

繰り返すニキビには、お肌の新陳代謝を促して、老廃物を排出し、カラダの中から肌状態を改善するペアA錠があります。食生活が乱れた時や疲れなどによるニキビに効果的です。

ニキビ・肌あれの緩和[第3類医薬品]ニキビ・肌あれの緩和[第3類医薬品]

関連記事